東京の人が新幹線のスキーツアーに行く際のおすすめスキー場


東京からは意外と早くスキー場につく

例えば大阪の人達は、スキー場が近くにないほか北陸・信越地方に向かう新幹線がないため、そんなに早くスキー場までアクセスする事が出来ません。一方、東京の人達は、新幹線に乗車すると意外と早く北関東や長野のスキー場に着くため、スキーに興味があるかたは是非新幹線を利用してスキー場にでかけてみましょう。

個人で行くよりツアーのほうがお得

個人で新幹線のチケットをとる場合と比べて、新幹線を利用したスキーツアーに参加すると団体割引により、だいぶ安く新幹線に乗車できます。また、スキーツアーはリフト券もセットになっていますが、リフト券に関しても個人で買うより安いためお得です。

早さで選ぶなら軽井沢のスキー場

東京駅から軽井沢駅までは新幹線に乗るとなんと約1時間です。そして、駅の南口そばにはホテルが運営するスキー場があるため駅からバスに乗る必要もありません。1時間で着くため、日帰りツアーでも朝早く起きる必要はなく、現地で午前から夕方まで長時間滑っていられますので、こちら登別温泉スキー場は大変おすすめです。ちなみに、降雪機が作る人工雪にて11月初めから営業がスタートするため、それに合わせて11月からツアーもスタートします。

ガーラ湯沢駅直結のスキー場

越後湯沢駅の少し北の場所には、冬季限定営業の「ガーラ湯沢」という新幹線の駅が存在します。こちらの駅の西側には鉄道会社直営のスキー場があり、駅からまったく歩く必要がありません。また、駅のそばから標高の高い位置にあるゲレンデに移動する形になりますが、ゲレンデの標高が周囲のスキー場より高いためシーズンを通じて天然雪で滑走できます。

関東や長野・新潟のスキー場には、11月初めあたりから営業を開始するスキー場があります。そのため、それに合わせてツアーもスタートするため関東に住んでいる人は11月からでもスキーツアーへの参加が可能です。