ランドローバーの魅力はどこにあるの?3つのポイントを紹介


4WD車としてのブランド力があります

ランドローバーといえばオフロード車のイメージを持つ人が少なくありません。ランドローバーは、第二次世界大戦後間もない1948年に誕生しました。まだ戦争の傷跡が残っている時代でもあり、世界中の大地が荒れていて、道路の整備もこれからという時代でした。そのような背景の中、ランドローバーは荒廃した土地でも運転できる4WD車を開発したのです。それ以降、4WD車としての知名度を高めていき、オフロード分野でのリーディングブランドとしてその名を轟かせました。そのため、このブランド力を魅力に感じている人が少なくないのです。

低重心で錆びない4WD車

ランドローバーが誕生した1948年は、まだまだ物資が乏しい時代でもありました。鉄鋼などの重金属が十分に供給されない中、ランドローバーでは4WD車の開発に様々な工夫を凝らしました。一般的な自動車の場合、ボディには鉄板を用います。しかし、ランドローバーではアルミニウムを採用して開発を行いました。このアルミニウムのおかげで、錆びない4WD車が誕生したのです。さらに重心の低い4WD車の開発にも取り組んだことで、ランドローバーは低重心で錆びない安定した自動車と評判になりました。オフロード車としては、これ以上ない良いイメージでしょう。

高い視点から見下ろせるドライビングポジション

ランドローバーが数多くのユーザーに支持されている理由は、その乗り心地にあります。車高がある車なので、高い視点から見下ろすようなドライビングポジションが確保できます。視界が良くなるので、車両の見切りが良くなり車の状況を把握しやすいです。さらに遠方まで見渡せるので、運転時の疲労を軽減させる効果も期待できます。

ランドローバーはイギリスの老舗高級四輪駆動を専門とするブランドメーカーで、ランドローバーの中古車は比較的高価ですが、年式や走行距離によっては100万を切る車も多くあります。